これから住宅ローン借り換えを考えるなら

もちろん審査はあります

住宅ローン借り換えをする場合でも、もちろん審査はしっかり受けなければなりません。新しくローンを申し込むのですから、これは当然のことです。
良い借り換え先を見つけたと思っても、実際にそこを利用できるのかどうかは分かりません。まず審査を受けてみて、その結果によって変わってくるものだと覚えておいてください。
これは住宅ローンに限った話ではありませんが、金利の低いところはそれだけ審査条件が厳しくなることがほとんどです。しっかりとした審査をして安心できるから、金利が低くなるからです。
ちなみにローンの審査を受ける時の基本ですが、クレジットカードやキャッシング等で延滞記録が残っていないことは必須です。もちろんこれはローンの返済にも同じことが言えます。
一度ローンが始まってしまえば、他のサービスで延滞が起きても影響はありません。しかし借り換えの場合は新たに審査を受けることになるので、その時点で延滞記録が残っていると難しいのです。
他にローンやリボ払いなどが残っている人の場合は、、そのことを事前に申し出るようにしましょう。それだけでも駄目だというところも中にはあるので、審査に通らないのは残念なことですが、余計な手間を省くことができます。
借り換えといっても、することは新規で申し込むことなのだと覚えておいてください。