これから住宅ローン借り換えを考えるなら

諸費用について

すでに住宅ローンを利用している人なら、諸費用についてはご存じかと思います。しかし申し込む時には覚えていても、しばらくしてからは忘れてしまうという人もいるのではないでしょうか。
ここでは住宅ローン借り換えの時には諸経費がどのようになっているのか、ここではその情報を簡単にまとめていくので参考にしてください。
まず必要になるものとして、契約書貼付印紙税が必要になります。これは借入額に対する一定額となっています。1,000万〜5,000万円までなら2万円。それ以上なら6万円になります。
次に事務手数料ですが、これは3万から5万円となっています。金融機関によって個別に変わるところなので、気をつけてください。
保証料というものもありますが、これは借入金額に対する保証金です。連帯保証人が必要ない代わりに保証料を払うというケースが多くなっています。気軽に利用できるのは良いことですが、お金がかかることに対して抵抗のある人もいます。1,000万円につき10〜30万円ほどと考えれば良いでしょう。
そして最後に、抵当権抹消登記費用です。これは住宅ローンを借り換える時に抵当権が借り換え先に移るため、再設定として必要なものです。12,000〜15,000円と考えれば良いでしょう。
このように借り換えをするだけでも色々とお金はかかるので、それを差し引いても得ができるのかという基準で考えましょう。