これから住宅ローン借り換えを考えるなら

どんなタイミングが良いのか

多くの人が見落としていることですが、住宅ローン借り換え時はタイミングが大切です。そこで出てくるのが、固定金利期間です。
金利は国内外の動向によって常に変動します。しかし固定金利期間は、状況がどう変わっても金利は一定のままです。これは良い方向へ働くこともありますが、悪い方向へ働いてしまうこともあります。
金利が低く動いている時なら、借り換えをした方がお得です。しかし高い方向へ動いているなら借り換えは待った方が良いでしょう。このわずかな違いが、住宅ローンという大金が動く借入では数十万円以上の差になってしまうことがあるのです。
ちなみにこの固定金利期間は、ローンを組んでからしばらく続くものです。そのタイミングで金利がどうなっているのかを考えるようにしてください。
金利の違いは真っ先にする者なので、ここを見落とす人はほとんどいないかもしれません。しかしタイミング次第ではコスト削減できる金額もずいぶんと変わってしまうので、金利の変化はしっかりチェックするようにしましょう。
金利の動き自体には波があると言われていますが、それを読み切るのは至難の業です。とりあえず、固定金利期間の終わりが近づいたら金利の動きをチェックすることを覚えておきましょう。