これから住宅ローン借り換えを考えるなら

保証料に気をつけよう

単純計算をするなら、金利が安くなると言うだけで住宅ローン借り換えにメリットがあると思えるはずです。しかし実際には、そこで落とし穴があるということもあるので気をつけましょう。
住宅ローン借り換えをするときには、保証料に気をつけなければなりません。借り換えといっても新たにローンを開始するのですから、これは必要になります。そしてここでポイントになるのが、保証料が削減分を上回ってしまうことです。
借り換えによってコストダウンができた。その金額は30万円。これならとても魅力的に見えるはずです。しかし実際には保証料が30万円以上発生してしまい、最終的にはマイナスとなってしまった。
住宅ローン借り換えについてあまり知らない人は、こういうところに気をつけてください。よほど悪徳なところでなければこのことについて教えてくれるのですが、まず実際に試算してみてどうするのかどうかを考えましょう。
この保証料はどういう目安で計算をすれば良いのかと言うことですが、金利0.2%相当とされています。ちょっとお金を借りるくらいならそれほど気にならないかもしれませんが、住宅ローンの金額だとかなりの大きさになります。
金融機関によっては保証料がかからないところはあるので、借り換えをするときには気をつけてください。