これから住宅ローン借り換えを考えるなら

どれだけの効果が出るのか

もしも住宅ローン借り換えをした場合には、いったいどのようなメリットがあるのか。これを具体例にするのはかなり難しいことです。
どんな住宅をどのようなプランで購入するのかによって、住宅ローンの内容は全然違うものになります。借入金額はいったいどれくらいになるのか、そして金利はどれだけあり、何年かかって返済するのかは人によって異なるからです。
ただしこれは具体的に○○円安くなるという考え方です。それぞれの住宅ローンによって金利差がどれだけあるとどれくらいお得になるのかどうかは簡単に表せます。
たとえば2,000万円を借り入れている人が、20年で返済するという場合です。もちろんそれまでに返済していた金額もあるのですが、それは借り換えにおいて重要なことではないので、残り2,000万円と考えてください。
この条件で借り換えによって金利差が0.3%出たとします。そうすると60万円近い差が出ることになります。ただし借り換えの際に発生する諸経費を含めると、差額はこれよりも小さくなります。しかしその差で得をできるなら、借り換えをしてみても良いのではないでしょうか。
この差額の出し方は、住宅ローン借り換えを利用できる業者のサイトなどに計算フォームがあるので試してみてください。